日別アーカイブ: 2015年8月10日

小樽お天気情報(8/10)

天気0810

 

 

 

 

 

今日の小樽は、曇り。 お昼12時時点で、気温  27.3度、湿度 78%。気圧 1007.4ヘクトパスカル。
事務所放射能測定 0.12μSv/h

今日は、過ごしやすい天候です。
RADEX0810

 

 

 

 

 

 

 

また、昨日(8/10)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     : 晴れ
・最高気温:  26.7度
・最低気温:  18.5度
・平均湿度:  82%
・平均気圧: 1008.6ヘクトパスカル

粘菌生活 第5回

東京の一色さまのコラム“粘菌生活”第5回。
今週のテーマは“勝手でしょ” です。

*********************
第5回 粘菌生活 勝手でしょ

今日も目が覚めた。
手足が動く。
ありがたい。

誰かの役にたちたいと思うことと、DV(ドメスティックバイオレンス:家庭内暴力)は、根っこが同じだそうである。
そうか。
以下は私の妄想です。

私は、あなたのために言っているのよ。
私は、あなたのためにやっているのよ。
私は、あなたによかれと思ってしたのに、どうして断るの。
私は、あなたによかれと思ってしたのに、どうして嫌がるの。
私はいいことをしているのに、受け入れないあなたが悪い。
ということになるんだろうか。

先日「食品衛生責任者」の資格を取った。
一生ものだそうである。
何に使うというあてもない。
誰かのためでもなく、60歳の私へのお祝い。

かつて、身体や言葉が不自由な子どもたちと一緒にいる仕事をしていた。
口先の「あなたのために」は通じない。
私の「子どものために」は空回りし、対象を失った力は自分に向い、身体を壊した。

頸椎がずれ、コルセットをつけて子どもたちを迎えた朝。
いつものように、上履きに履き替える子どもの傍にしゃがみこむ。
機嫌が悪いと、座り込んで上履きを放り投げたりするのだ。
その日、彼の手は、私の頭をなでた。
そして、私の目を覗き込む。
「大丈夫か?無理ないか?」
言葉はないが、そう聞いていると分かる。
「うん、うん。大丈夫だよ。ありがとう」
繰り返し、応える。
やっと納得したのか、大きくうなずくと笑顔になった。私の頭をなでていた手を下し、やっと、彼は、靴を履き替えた。

身体は、言葉以上に雄弁だ。
目、眉や口、手足、首、背中、体温、脈拍、汗、涙、時にはオナラやおう吐、尿、便、湿疹、痙攣……。
おなかがすいた、食べたくない、眠い、かゆい、トイレに行きたい、つまらない、あきちゃった、悲しい、楽しい……。
お互いの身体言語を通して、音声言語である言葉以上の会話ができるようになる。
フィジカルでストレートな世界。

その後、大人とも仕事をするようになった。
大人の社会は、ストレートにはいかない。
音声言語とともにちょっとしたしぐさの身体言語を下手に聞きとると、その人が隠そうとして
いるメンタルな部分にまで踏み込むことになり、やっかいだ。
聞きとったがゆえに、余計なことを言ったり、したりして、誤解されることも多い。
何か下心があるのではないか。
手柄にしたいのでは。
押しつけがましい。
命令されているようだ。
など、など。
逆のこともある。
またもや、自分の身体を壊すことになった。
また、ですか。
分かりの悪い私である。

なぜ、はDVの温床である。
それならば、なぜを問わなければいい。
昔、子どもたちが「カラスなぜ泣くの、カラスの勝手でしょ」と歌っていた。
あなたが何を思おうが、何をしようが、あなたの勝手である。
私が勝手なように、あなたもまた勝手。
共感できることがあったら、素直に喜んだり、悲しんだりする。
嫌なことや苦しいことからは逃げたり、我慢したり、抵抗したりするだろう。
どうするかは、私の勝手である。

死にかけて60歳すぎたら、急に目の前が明るく開けた。
「勝手」の世界へと。