日別アーカイブ: 2015年11月1日

粘菌生活 第16回

一色さまより、今週も“粘菌生活”をお送りいただきました。
今週のテーマは“仕事と子供”です。

************************
第16回 粘菌生活   仕事と子ども

今日も目が覚める。
気温が15度を下回ると、動きにくくなる。
湯たんぽやアンカの季節。

ようよう起き上がる。
強張っている身体をほぐすように、ゆっくり動く。
あちこちに、痛みが走る。

温かいシャワーと腰湯。
朝からお湯を使える贅沢。
ようやく動ける。

少し無理をしても、外で仕事をする。
そのために、前日から、準備をする。
アイロンをかける。
靴を磨く。
早めに休む。
清潔にする。
身なりを整える。
顔色を整える。

仕事はありがたい。
こんな私でも役に立てることがある。
ぐずぐずと崩れていきそうな日常に、歯止めをかけてくれる。

朝、学校へ行く息子を思いだす。
ランドセルを背負って長い石段を上っていく。
「一生に一度しか買えないから上等のにしよう」
「ピカピカしてる!」
かなり奮発したコードバンの黒いランドセル。
振り返り、振り返り登っていく。
すっかり姿が見えなくなるまで見送る。
それから、仕事に向った。

結婚をして、夫の家族と同居した。
3年後に授かった息子は、生まれた時からおじいちゃん、おばあちゃんと一緒だ。
保育園ではなく、おばあちゃんとおじいちゃんに面倒をみてもらった。

私の祖母も母も働いていた。
一緒に住んでいた叔母たちも働いていた。
私の周りの女たちも皆働き、皆が助け合って子育てをした。
私と妹は、叔母の息子であるいとこをおぶって遊んだ。

幼稚園に行く私をバス停まで送ってくれたのは、叔母だった。
幼稚園に行く息子の送り迎えをしてくれたのは、おじいちゃん(夫の父)だった。

夕方のバス停に、祖母と妹と3人で、母を迎えに行った。
夕方の駐車場に、おばあちゃん(夫の母)と手をつないだ息子が私を待っていた。

子どもは、親のものではない。
連綿とつながる命の切っ先だ。
父母、兄弟姉妹、祖父、祖母、叔父、叔母、いとこ、はとこ・・・・・・。
その背後は、豊かに広がる人間関係に支えられている。
だから、子どもたちよ、安心して大きくなりなさい。

この手に孫を抱くまで、なんとか生き延びたい。
命がつながるその日を待ち望む粘菌生活。

一色

小樽定点観測(11/1)

天気1101

 

 

 

 

 

今日の小樽は、晴れ。
昼12時時点で、気温  11.4度、湿度  45%。気圧 1021.3ヘクトパスカル。
事務所放射能測定 0.15μSv/h

今日は、自衛隊記念日。

1966年(昭和41年)、防衛庁(現・防衛省)、および自衛隊の創立に基づいてに制定されました。

海上自衛隊

 

 

 

 

 

RADEX1101

 

 

 

 

 

 

 

 

また、昨日(10/31)の小樽天気は次の通りでした。

・天候 :曇り
・最高気温:6.8度
・最低気温:4.7度
・平均湿度:57%
・平均気圧:1019.0 ヘクトパスカル