第25回 粘菌生活

・・・・・・・・・”What a wonderful world”・・・・・・・・・

今日も目が覚めた。
30分くらいベッドの上で、身体を動かす。
起き上がるのは朝5時半前後。
ベッドに入るのは、午後8時ごろ。

3年前、直腸の検査をした。
浣腸のように肛門から造影剤を入れ、出すところを動画で映す。
レントゲンの機械にポータブル便器が載っている。
検査着の下には、何もつけていない。
便器に座る。
「はい、いきんんで」
出てくる様子が画面に映し出される。

そして括約筋の検査。
お尻を丸出しにして、先生の方に向ける。
先生が肛門に指をさし入れる。
仕事とはいえ、頭が下がる。
先生、ありがとう。
「括約筋には問題がありませんね。直腸の神経が弱っているのでは」

薬とリハビリでコントロールできてきたが、このところ、悪化傾向。
漏れに気づかない。
外出が不便。
原因不明。
調べていただくことになった。
またあの強烈な検査をするのか。

病院の待合室。
人間模様の宝庫。

「どこへ行くの?」
「お手洗い」
「今行ったばっかりじゃないの!」
「ほうかね」
「そうよ。戻って! 座って待っててよ」
「○○さーん、お入りください」
「ほら、呼ばれてるよ」
「ほうかね」
「○○さーん、○○さーん」
「よばれてるってば」
「行っていいのかね?」
「よばれてるのはあんたでしょ!!早く行きなさいよ」
「ほうかね」

母と娘だろうか。
お母さん、いい味出してる。
娘より役者が上。

「いつまで待たせるんだ」
「お待たせしましたね」
「来るのが遅いんだよ」
「連絡があって、すぐに来たんですよ」
「待たせるんじゃないよ。遅いんだよ」

病院スタッフと入院患者さんだろうか。
大丈夫。
お迎えは必ずやってくる。

オシモの問題を抱えて分かる東京のトイレ事情。
よく利用する駅のトイレ。
シャワーのついた洋式便器完備。
立ち上がると自動的に水が流れる。
手を差し出すだけで出てくる温水。
素晴らしきかな。
世界に誇る日本のトイレシステム。
電力と水がなければ排泄物を捨てられないポータブルトイレ。
お尻を拭けない、蛇口をひねれない子どもたちを生みだした。

少しずらせば、なんともおかしい。
切なく愛らしいそれぞれの人生。
”What a wonderful world”
サッチモの歌声が聞こえる粘菌生活。

一色