日別アーカイブ: 2016年3月30日

小樽定点観測(3/30)

天気0330

 

 

 

 

 

 

今日の小樽は、曇り時々雨。
昼12時時点で、気温      9.7度、湿度  70%。気圧 1010.2ヘクトパスカル。
事務所放射能測定 0.16μSv/h

RADEX0330

 

 

 

 

 

 

 

 

今から804年前の建暦2年(1212年)の今日、鴨長明が「行く川の流れはたえずして、しかも元の水にあらず」の書き出しで有名な「方丈記」を書き上げました。
鴨長明は晩年京都郊外に一丈(3.3)四方(方丈)のせまい庵を結び、そこで観察した事がらを「方丈記」に書き記しました

下の絵は、その庵の間取り。(出典 朝日百科 日本の歴史 第5巻)

鴨長明

 

 

 

 

 

 

また、昨日(3/29)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     :晴れ
・最高気温: 11.8度
・最低気温: -1.1度
・平均湿度:62%
・平均気圧:1017.7ヘクトパスカル

外経絡とは

「外経絡」というコンセプトは武道家 三枝龍生先生が発表された造語です。

三枝先生は、1954年東京生まれ。病弱な少年時代を野口整体とMacrobioticで克服され、その後、自衛隊第一空挺団、野口整体内弟子、養神館合気道内弟子を経て、1984年独立。以後、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルスで合気道と整体を指導しつつ、独自の“武道”を追求されました。外経絡は、三枝先生が武道、整体を追求してゆく中で発見されたものです。

そもそも経絡とは、体の上にある経穴(ツボ)と経穴をつなぐネットワーク=気の道筋です。人体には、気を出し入れする経穴が多数あり、その経穴と経穴を結ぶネットワークを一般に経絡(内経絡)と呼んでいます。

外経絡は、自分の体の外側にまで自分に影響を与える経絡=気のネットワークがあると見る見方です。外経絡は、物質的なモノだけでなく、人間関係、時間、空間まで多岐にわたります。

例えば、相手と会う、という行為一つとっても、誰に会うのか(人間関係)、何を身に付けるのか(ファッション)、いつ会うのか(時間)、どこで会うのか(空間)など多くの外経絡の影響を受けるものなのです。

この外経絡を意識化し、現代社会をよりよく生きる術を身に付けてほしいというのが、三枝先生の願いです。