月別アーカイブ: 2017年1月

小樽定点観測(1/17)

IMG_3503

 

 

 

 

 

 

今日(1/17)の小樽は、雪のち曇り。

昼12時時点で、気温 -1.0度、湿度 56%。気圧 1023.9ヘクトパスカル。放射能測定 0.09μSv/h

IMG_3505

 

 

 

 

 

 

 

今から22年前、平成7年(1995年)の今日、阪神・淡路大震災が発生しました。

淡路島北部の明石海峡沖を震源として、マグニチュード7.3の地震が起こり、神戸市、芦屋市など最大震度7の揺れを観測。
死者、負傷者合わせ5万人以上の大災害でした。

また、昨日(1/16)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     :曇り
・最高気温:2.7度
・最低気温:-2.5度
・平均湿度:70%
・平均気圧:1009.0へクへトパスカル

小樽定点観測(1/15)

IMG_3452

 

 

 

 

 

 

昨日分のアップです。

昨日(1/15)の小樽は、雪のち曇り。

昼12時時点で、気温 -1.2度、湿度 86%。気圧 1000.8ヘクトパスカル。放射能測定 0.05μSv/h

IMG_3453

 

 

 

 

 

 

 

 

1/15は七十二候の第六十九候、「雉始雊(きじはじめてなく)」。
オスのキジがメスを求めて鳴く時期と言われています。
キジは岩手県の県鳥であり、日本の国鳥にも指定されています。

 

 

Phasianus_versicolor_in_field

 

 

 

 

 

 

 

また、一昨日(1/14)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     :雪
・最高気温:-4.4度
・最低気温:-9.5度
・平均湿度:79%
・平均気圧:998.9へクへトパスカル

小樽定点観測(1/14)

IMG_3452

 

 

 

 

 

 

今日(1/14)の小樽は、雪。

昼12時時点で、気温 -5.9度、湿度 84%。気圧 1000.8ヘクトパスカル。放射能測定 0.05μSv/h

IMG_3453

 

 

 

 

 

 

 

今から58年前、昭和34年(1959年)の今日、南極大陸で1年間置き去りにされたカラフト犬タロとジロの生存が確認されました。

第1次越冬隊から、第2次越冬隊への入れ替わりの際、非常な悪天候により、入れ替わりができず、南極昭和基地に、樺太犬 15匹を置き去りにせざるを得なくなります。
1年後、第3次越冬隊が昭和基地を観測すると、タロとジロの2匹が生きていたのでした。
この話は当時の日本に感動を呼び、「南極大陸」という題名で映画にもなっています。

 

また、昨日(1/13)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     :曇り時々雪
・最高気温:-4.5度
・最低気温:-10.8度
・平均湿度:73%
・平均気圧:999.2へクへトパスカル

小樽定点観測(1/13)

IMG_3427

 

 

 

 

 

今日(1/13)の小樽は、曇りのち晴れ。

この2、3日は寒さが厳しく、最高気温が氷点下の日々となっています。

さて、昼12時時点で、気温 -6.1度、湿度 80%。気圧 1001.8ヘクトパスカル。放射能測定 0.08μSv/h

IMG_3428

 

 

 

 

 

 

 

天正16年(1588年) 室町幕府最後の将軍・足利義昭が将軍職を辞任しました。これにより室町時代も終焉を迎えます。

室町幕府のあった時代は、南北朝時代に始まり、戦国時代に終わる、ある意味不思議な時代でした。

 

また、昨日(1/12)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     :晴れのち曇り
・最高気温:-7.0度
・最低気温:-10.7度
・平均湿度:73%
・平均気圧:999.2クへトパスカル

小樽定点観測(1/10)

img_3409

 

 

 

 

 

今日(1/10)の小樽は、曇り。

昼12時時点で、気温 -3.2度、湿度 61%。気圧 1007.2ヘクトパスカル。放射能測定 0.05μSv/h

img_3410

 

 

 

 

 

 

 

今日は、七十二候の第六十八候、泉水温(しみずあたたかをふくむ)。

地上のものは凍りつく、寒さ厳しい折ですが、地中では、凍った泉が溶けて動き始め、春への準備が着々と進んでいます。

mizu

 

 

 

 

 

 

 

また、昨日(1/9)の小樽天気は次の通りでした。

・天候     :晴れ
・最高気温:2.0度
・最低気温:-8.7度
・平均湿度:85%
・平均気圧:1001.2クへトパスカル